及時行楽 〜Live For The Moment〜 ☆

中国人妻が日本滞在の日常を綴るブログで〜す

妊娠中の出来事Ⅱ~「坐月子」とは?

中国では妊娠中や出産後でやっちゃいけない事は多いです。昔から伝わってきた習慣ですが、時代に遅れているのにも関わらず、守っている人はまだ多いです。

 

妊娠中ではレンジを使っちゃダメ(電磁波は赤ちゃんに悪いと思われている)とか、カニを食べちゃダメ(流産になると思われている)とか、妊婦さんはいろんなルールに縛られています。あんまり科学的ではありませんが…

 

私は日本にいるから、こういうルールは一切守りませんでした。お酒と生な食べ物だけは注意をしました。

 

しかし、中国で出産すると、さっき言ったルールを乗り越えてもまだひとつ大きな山があります。それは「坐月子」という中国独自な産褥期ケアです。ケアとは言え、それはまたいろんなルールがありますよ。出産して一か月内に、シャワーや風呂しちゃダメとか、携帯やテレビを見ちゃダメとか、冷たいものを食べちゃダメとか…

 

出産によって体質が変わると思われているそうです。こういうルールは全部昔作られたので、当時ではある程度の理屈はあったはずです。例えば、昔の風呂場は外にあるため、シャワーしたら風邪ひきやすいです。携帯やテレビはもちろん一日中したら、目に悪いでしょう。冷たいものは冷え性になりやすいです。ただ、みんなはその理屈を考えないで続けています。古くから伝わってきたものだから間違いなし!と思っているかもしれません。

 

私は、日本で出産したため、出産して三日目くらいもうシャワーしたし、食事に冷たいものが出たし、時間ある時はスマホいじってたし。母はとても驚きましたが、病院の先生の話を聞くしかありませんでした。でも、いつも日本人と体質は違うから、私たちのやり方じゃないとダメって言ってました。

 

そういったルールは守りませんでしたが、母が作ったスープは毎日飲みました。母乳がよく出るため、中国ではスープを毎日産婦に飲ませます。日本だと、脂っこいものはやめた方がいいって言いますが、逆に中国では豚足のスープなど、脂っこいものばっかり飲ませます。おかげて、みんな太っちゃいます。

 

出産によって体質が変わったかって聞かれたら、私自身は、うーん、そうですね。便秘が治ったくらいですかね?(-"-)あと、残ったのは脂肪だらけです。