及時行楽 〜Live For The Moment〜 ☆

中国人妻が日本滞在の日常を綴るブログで〜す

中国の神は多い

f:id:suisuiovo:20150524021204j:plain

数年前、日本人の友達からこういう話を聞きました。「日本の神は多いよ。八百万もあるから。どれを信じればいいか分からない。」

最近、中国の「神」も多くなっている気がします。何にせよ「神」を付けます。憧れる女性は「女神」、憧れる男性は「男神」、面白いツッコミは「神ツッコミ」、よく効く薬は「神薬」、美味しいドリンクは「神飲料」、ほかにもいろいろあります。というか、ありすぎます。

友達と翻訳の相談に乗った時も、なんかすごいものはどうやって翻訳すればいいかと言われて、「神」を付ければ?と返事をしました。確かに便利ですが、でも、なんか言葉が乏しい感じがしますね。それ以外の褒める言葉が全然思いつきません。もともとあんな詳しい説明文なのに、「神」を付けたら翻訳が完了です。

私は、こういう流行語が結構好きでしたが、年のせいか、最近あまり好きじゃなくなりました。もうちょっと言葉の豊かさを戻してほしいですね。