及時行楽 〜Live For The Moment〜 ☆

中国人妻が日本滞在の日常を綴るブログで〜す

火鍋を食べてきた〜中華街より中国っぽいところ

みなさん、良い週末を過ごしましたか?私は今日、久しぶりに火鍋を食べてきました。

今日行ったところは池袋西口側にある本格的な中国火鍋のレストランです。


四川火鍋城 (シセンヒナベジョウ) - 池袋/中華料理 [食べログ]

 食べ放題のコースがあって、たくさん食べてお腹がいっぱいになりました(= ̄▽ ̄=)V

 

さてさて、今日の本題に入りましょう。

私は昔、横浜の中華街に行ってみました。行く前には興味津々でしたが、行ってみたら、すごくがっかりして、もうこれからは行かないことにしました。やっぱり日本の中華街は完全に日本人向けっていう感じで、日本人が想像している中国だと思いました。

もし本場の中国文化や料理を体験したいなら、中国に行かなくても東京の池袋で体験できます。

 

私が池袋を紹介する理由は下記3つあります。

1、本格的な中華料理

東京で韓国人といえば、新大久保なんですが、中国人といえば、池袋ですよ。昔は新宿歌舞伎町のへんに中国人がたくさん集まっていたらしいですが、最近はみんな池袋に集中しているそうです。特に池袋の西口に行ったら、あっちこっち中国語が聞こえます。中国人がやっている中華料理店も多々あります。店に入ってみれば、スタッフも中国人で、客も中国人が多いです。こういう店なら、もちろん本格的な中華料理を味わうことが出来るでしょう。

 

2、中華食材と本

前にも紹介しましたが、日本でも中国の調味料が手に入ります。

中国の神調味料〜「老干媽(ラオガンマー)」! - 及時行楽 〜Live For The Moment〜(⌒▽⌒)

池袋駅北口出たら、すぐ中国食材の店が見つかります。ちなみに私がよく行ってるのはこちらです。


友誼商店 - 池袋 - ショップ - Time Out Tokyo (タイムアウト東京)

同じビルに中国の本を売っている本屋もあります。普通の本屋に置いていない本がたくさん並んでいます。ほとんどは中国で出版された本です。もし中国語の原著を読みたければ、ぜひ覗いてみてください。

 

3、漢語角

漢語角っていうのは中国語のサークルです。毎週西池袋公園で活動を行っていて、誰でも無料で参加できます。中国人と友達になったり、話をしたりすることができます。もちろん、みんな普通に日本で暮らしているので、日本語も通じますよ。これは珍しいチャンスだと思います。

星期日漢語角ホーム

 

以上、私が見た中華街より中国っぽいところです。

もし中国や中国語をもっと知りたいなら、私は池袋をお薦めします。